ペルーの代名詞「ピスコ」で味わう「日本人移住120周年」

国際Foresight 2019年4月26日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 日系人の多い国といえばブラジルだが、日本人が南米で最初に移住したのは、意外にもお隣のペルーである。

 1899(明治32)年2月28日、790名の日本人が日本郵船の「佐倉丸」に乗って横浜を出帆。太平洋を8600海里横断し、4月3日にクスコ郊外のカジャオ港に到着した。

 ちょうど120周年に当たる今年は、日本とペルーが両国の交流年と位置づけていることもあり、官民レベルでさまざまなイベントや企画が行われている。

 4月14日には「日本ピスコ協会」という一般社団法人の設立記念パーティーが開かれた。...

記事全文を読む