タイガー・ウッズが明かした「マスターズ」完全復活優勝「3つの意味」

国際Foresight 2019年4月16日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 どんな優勝にもそれぞれに意味があり、その意味は、ときとしてその後の歴史を変えることがある。

 43歳3カ月15日で「マスターズ」を制し、同大会5勝目、メジャー15勝目、米ツアー通算81勝目を飾ったタイガー・ウッズは、1986年に46歳2カ月23日でマスターズを制した帝王ジャック・ニクラスに次ぐ史上2番目の年長チャンピオンとなったが、優勝会見でウッズは、「その1986年大会は、僕にとって大きな意味があった」ことを初めて明かした。

「1986年大会は、僕の記憶に初めて残ったマスターズだった。...

記事全文を読む