「相棒」反町隆史は続投なのに鈴木杏樹は降板の“大人の事情”

エンタメ 芸能 週刊新潮 2019年4月4日号掲載

  • ブックマーク

 17年目を迎えた、水谷豊(66)主演、テレ朝の人気ドラマ「相棒」。昨秋から始った「シーズン17」が、3月20日で終了した。

 かつてのシーズン平均視聴率20%とはいかずとも、15・3%と今回も安定の高数値。水谷とタッグを組み4年目となる反町隆史のマンネリ化も囁かれたが、

「2人の息のあった演技が魅力なんです。水谷さんは反町さんを高く買っており、降板は当分ありませんよ」

 と、番組関係者はいう。

 ただ今シーズンで卒業する主要キャストが1人。水谷演じる杉下右京行きつけの小料理屋「花の里」の女将役、鈴木杏樹(49)だ。

 その降板には、こんな声も聞こえてくる。

「前任の女将役、高樹沙耶さんが旅に出るとの設定で降板の後、抜擢されて7年。落着いた演技で水谷さんからも好かれていました。でも彼女、他の番組もいくつか掛持ちしており、どうしても撮影が彼女待ちで組まれることになる。水谷さんが『相棒』にかける思いは相当なもの。共演者にも兼業などせず全力を注ぐよう望むんです。彼女の兼業をあまり快く思っていなかったようですね」(同)

 制作現場では、水谷の意向は絶対という。キャスティングはもちろん、脚本や演技に口を出すことも。その一方で、どんな端役や裏方をも気にかけ、スタッフとの信頼関係を非常に大事にする。一丸となったチーム力は番組の魅力としても表れるが、窮屈にも……。

 事の真相を彼女に近しい知人に聞いてみた。

「降板はシーズンの撮影前にいわれたようです。兼業が理由なんてことはないと思いますよ。視聴者に飽きられぬよう制作サイドが“変化”を求めたんでしょう」

 ちなみに杏樹さん、次はNHKの朝ドラ「なつぞら」での出番が控える。