BIGBANG「スンリゲート事件」で韓国社会の「意識変化」は定着するか

国際Foresight 2019年3月26日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 韓国社会に衝撃が走っている。韓国の人気アイドルグループ「BIGBANG」のメンバー、V.I(本名イ・スンヒョン)の“性接待”疑惑から始まった一連の騒動は、V.Iの韓国活動名「スンリ」から「スンリゲート事件」と名付けられ、単なる芸能スキャンダルを超えた社会問題に発展している。

 V.I以外の日本でも人気のあるアイドルら5人が芸能界引退に追い込まれたほか、警察との癒着も浮上し、国会で問題が追及される事態にまで拡大している。これほどの韓国社会を揺るがす大問題になった背景には、女性の人権に対する意識の高まりや、権力をかさに着た不正を許さないという社会の変化があると言える。...

記事全文を読む