撤退発表「梨花」から「吉永小百合」まで 女性芸能人“ファッションブランド”を大公開

芸能2019年3月18日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 まさに栄枯盛衰。2012年のオープン初日には2000人が行列を作り、1年で約35万人が来店した。国内で6店舗を経営していたが、年内で全店が閉鎖される――。

 ***

 梨花(45)がプロデューサーを務めるファッションブランド「MAISON DE REEFUR」(メゾン ド リーファー)が撤退することになった。

 3月2日、自身のインスタグラムで閉店を発表。「私の力不足も含め、この大きなビジネスを保つことが、とても難しいと感じるようになりました」と釈明した。...

記事全文を読む