ピエール瀧事件、コカインの年間押収量は覚せい剤の約16分の1 日本の特殊事情を解説

芸能2019年3月15日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

基本は“似た者同士”

 社会的影響は遥かに、新井浩文被告(40)を超えるかもしれない――。3月12日、厚生労働省の「関東信越厚生局麻薬取締部」は、俳優でミュージシャンのピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)をコカインの使用容疑で緊急逮捕した。本人も認めているという。

 ***...

記事全文を読む