流行する「オンラインサロン」の宗教性(古市憲寿)

社会週刊新潮 2019年2月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 あるベンチャー企業の話だ(一応、架空ということにしておく)。

 創業当初、人手もお金もなかったので、大学生をアルバイトで安く雇うことにした。さらに事業が拡大しそうになったので、今度は「バイト」を「インターン」と名前を変え、ただ働きをさせることにした。すると不思議なことに、お金を払っていた時よりも熱心な学生が集まって来る。...

記事全文を読む