韓国国会議長の“噴飯要求”、発言撤回を阻止するマンガのような理由とは

韓国・北朝鮮2019年2月26日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

文/屋山太郎(政治評論家)

 韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は慰安婦問題について安倍首相か国王(天皇)が「おばあさんの手をとって謝ってくれれば一発で片がつく」と述べた。日本が一礼を払えば、日韓間に横たわる“慰安婦問題”というしこりは一挙に取り払われるという考え方なのだろう。それなら2015年に安倍首相と朴槿恵(パク・クネ)大統領の合意で、日本が10億円出し、韓国の出資分と合わせて慰安婦に配布し、慰安婦問題を終結させる。韓国側はできれば慰安婦像を撤去する。この合意はどうなるのか。...

記事全文を読む