厚労省「統計不正」で春闘に影 経団連「中西会長」の勝算

ビジネス週刊新潮 2019年2月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今年も春闘のシーズンがやって来た。安倍政権の賃上げ要請により、ここ数年は労働組合の要求額に近い額を回答する企業も多く、“官製春闘”の色合いが濃厚だった。しかし、統計不正問題が春闘にも影を落とし、労組には正念場の年になりそうだ。...

記事全文を読む