安倍政権の「働き方改革」を叩くリベラルの本音 次なる課題は“金銭解雇”導入だ

社会週刊新潮 2019年2月7日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

『もっと言ってはいけない』著者が予見する「働き方改革」の残酷な未来――橘玲(2/2)

 国際的にはリベラルな労働政策である同一労働同一賃金を主導したのは「立憲主義を踏みにじる」安倍政権で、「リベラル」なはずの労働組合はその後追いをしているだけ――。作家の橘玲氏は、日本社会に存在する正規/非正規、親会社/子会社などの間の“格差”は、国際社会で受け入れられない「差別」であると喝破する。

 ***...

記事全文を読む