「対日関係重視」にカジを切るメルケル首相に供された「通のワイン」

国際Foresight 2019年2月25日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 アンゲラ・メルケル独首相が2月4~5日に来日した。安倍晋三首相との間で情報保護協定の締結で大筋合意し、安全保障・防衛分野での協力を推進していくことで一致した。

 貿易と投資面で中国との関係を重視し、日本との関係にさほど熱心ではなかったドイツだが、日本と初めて安全保障・防衛分野の協力に踏み込んだことは対中政策の大きな修正と言えるだろう。自国第一主義を強める米ロ中の大国に対して、先進中級国家の結束が急がれるいま、日独の利害も急接近している。このメルケル首相を、官邸はどうもてなしたのか見てみよう。...

記事全文を読む