第3の選択肢「どちらでもない」が人気という「沖縄県民投票」の空騒ぎ

政治週刊新潮 2019年2月28日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

文/篠原章(評論家)

「辺野古埋立て」の是非を問う県民投票は、2月24日。一時は五つの市が不参加を表明していたが、「賛成」「反対」に「どちらでもない」という選択肢を加えることで、何とか全県投票にこぎつけた。しかしその第3の選択肢こそが沖縄の民意だという声もあって――。

 ***...

記事全文を読む