「バカッター」騒動はなぜ起こるのか 行きすぎた「承認欲求」のなれの果て

社会2019年2月19日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 飲食店などのアルバイトのバカなツイートが社会問題化している。「バカッター」なる言葉も一般化しつつあるほどだ。こうした投稿をする人間の動機は様々だろうが、一つの解釈としては「承認欲求」の産物、というものがあるだろう。誰かに認めてほしい、面白い奴だと言われたい、僕を見て、私を見て……。

 承認欲求を持つことそれ自体は、人として自然なことだ。誰にも認めてなんか欲しくない、というのでは世捨て人になってしまう。問題は、それが強すぎたり、おかしな方向に向かった時で、バカッターなどはその典型だろう。...

記事全文を読む