明石市長“火を付けてこい”発言で議論百出 朝のワイドショーは公平に報道したか

社会2019年2月2日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 またぞろ発覚した政治家によるパワハラ暴言騒動――。兵庫県明石市の道路拡張工事で、遅々として進まぬ用地買収に業を煮やした泉房穂市長の「火ィつけてこい!」発言である。市長は1月29日に会見を開いて平身低頭であったが、これを受けた翌朝のワイドショーは一斉に報じた。結局、市長は2月1日に辞職願を提出するまでに追い込まれたが、発言の背景など、騒動の全体像が明らかになると、ネット上では市長を擁護する意見も登場し、議論百出の状態となった。

 市長が辞任したことで、ワイドショーは「してやったり」かもしれない。...

記事全文を読む