「意識高い系」はもう古い? アップル成功を支えた「意識低い系マーケティング」

ビジネス2019年2月1月掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 平成が終わりに近づいたことで、テレビ、新聞、雑誌がこぞってこの時代を振り返っている。大災害や大事件などを除いて、この間、一般家庭に起きた大きな変革は間違いなく、パソコン(またはスマホ)の普及だろう。

 平成が始まった頃、パソコンはまだ家庭にあるものではなかった。スマホにいたっては影も形もない。

 もちろん企業レベルでは活用が始まっていたが、それもかなり使い勝手の悪いものだった。一般的にはウィンドウズ95以降、爆発的に広まったとされている。さらにこの流れを加速させたのが、アップルの数々の製品だろう。...

記事全文を読む