吉田沙保里引退で号泣した「浜口京子」は今も“現役選手” 父は東京五輪出場を熱望

スポーツ2019年1月26日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 1月10日、“霊長類最強女子”と讃えられた女子レスリングの吉田沙保里(36)が引退記者会見を行った。化粧を施し、乙女らしさ満開で会見に現れた彼女だが、さすがは世界選手権13連覇、五輪3連覇、個人連勝206という記録を持つだけに、会見では涙を見せることもなく、ハキハキ、そして淡々と答えていた。

 その一方、会見を見て大泣きしていたのが、同じ女子レスリング選手として吉田と多くの時間を一緒に過ごした浜口京子(41)だ。やはり後輩の引退を聞いて、自分の時と重なる思いがあるのだろう……あれ、浜口って引退したっけ?
...

記事全文を読む