ミヤネ屋出演で「前澤社長」の視聴率は絶好調、剛力彩芽との“商品価値”が逆転!?

芸能2019年1月23日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

“本業”は正念場

「ヒンシュクは金を出してでも買え」――幻冬舎の新聞広告に掲載された傑作コピーとして、今もご記憶の方は多いだろう。そして現在の日本で、この“テーゼ”に最も忠実な人物といえば、ZOZOの前澤友作社長(43)をおいて他にはいない。

 ***...

記事全文を読む