自由で開かれたインド太平洋構想

国際Foresight 2019年1月18日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「自由で開かれたインド太平洋戦略」という言葉は、安倍晋三首相が2016年8月、ケニアで開かれた第6回アフリカ開発会議(TICAD Ⅵ)で初めて使ったものである。今では、アメリカもこれを主張するようになっている。それゆえ、これを米中対立の一環と捉え、また、中国の「一帯一路」と対抗するものと捉えている人が多い。私はそうでないということを、述べたいと思う。

「戦略」というよりも「構想」

 第1に、「自由で開かれたインド太平洋」というのは、戦略ではない。...

記事全文を読む