“前回”は4分で終了… 5月1日「新天皇」が行う最初の儀式とは

社会週刊新潮 2019年1月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 時計の針が零時を指して、5月1日の始まりを告げると同時に、「平成」の時代は幕を閉じる。新元号が施行され、浩宮さまが「新天皇」に即位するという歴史的な5・1のドキュメントを、いち早くお届けしよう。

 モーニングに身を包んだ新天皇が、初めて公の場に姿を現すのは皇居・宮殿「松の間」。「松」「竹」「梅」の名がそれぞれ冠された宮殿の部屋で、最も格式の高い場所とされ、そこでの「剣璽等(けんじとう)承継の儀」が、新天皇にとって初めての国事行為となる。いったいどんな儀式なのだろうか。...

記事全文を読む