フジは年末年始の視聴率も一桁 外には恥ずかしくて言えない“新基準”に他局は唖然

エンタメ2019年1月12日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

ゴールデンで2.2%の番組も

 年末年始、フジテレビの視聴率が“大惨敗”と形容してもおかしくないほどの低調だったことが、関係者の間で話題になっている。

 ***

 何しろ肝心のゴールデンタイムで、各番組が軒並み1桁という視聴率だったのだ。その数字からまずご紹介しよう。2018年の年末篇、19年の年始篇として2つの表にした。

 2つの表には15本の番組名が記載されているが、視聴率が2桁に達したのは1月3日の「VS嵐2019 賀正新春豪華3時間SP」だけだ。後は全て1桁。ちなみに最低は1月1日、元日の午後7時から放送された「ニッポンよ!セカイを倒せ!フジヤマ ~日本のNo.1vs世界のNo.1」の2.2%だった。

 昭和世代なら、「新春かくし芸大会」(1964〜2010年)の人気をご記憶だろう。ちなみに最高視聴率は1980年の48.6%。「楽しくなければテレビじゃない」の黄金期と現在では、まさに隔世の感がある。ライバル民放キー局の制作スタッフも、驚きを隠せないようだ。

「テレビ業界では視聴率が1桁だったことを“シングル”と呼びます。シングルを取ってしまった番組プロデューサーは、翌日、出社できないくらい肩身の狭い思いをするものなんです。それが今回、フジテレビは年末年始、ゴールデンタイムの番組で大半がシングルになってしまいました。これは失礼かもしれませんが、もう“悲惨”としか申し上げられない状態だと思います」

 テレビの視聴率が、全盛期より落ちているのはご存知の通りだ。そのため民放キー局では、とにかく視聴率が10.0%なら、まずは合格点と見なされるという。

「それが9.9%なら、たとえ0.1%の差であっても、『ああ、シングルが出ちゃった……』とプロデューサーは落ち込みます。ただし、それは日テレ、テレ朝、TBSの話であって、フジは違います。フジは9.9%だと『会社中がお祭り騒ぎになる』と言われています」(同・制作スタッフ)

次ページ:社員のモチベーションを心配する声も

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]