過去との「呼応」で描き出す「難民の現実」

国際Foresight 2019年1月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 地中海に面したフランス最大の港湾都市・マルセイユ。この街は、ファシストの猛威に追われて国外へ脱出しようとする人々であふれていた。激しく動きつつある歴史に翻弄される、男と女。その運命の行きつく先をスリリングに描き出した独仏合作映画『未来を乗り換えた男』(原題『TRANSIT』)が、1月12日から公開される(ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館をはじめ全国順次公開)。

 メガホンをとったのは、冷戦下の東ドイツを題材にしたベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作『東ベルリンから来た女』(2012年)や、第2次世界大戦直後のユダヤ人を取り上げた『あの日のように抱きしめて』(2014年)といった歴史映画製作で知られる、ドイツの巨匠クリスティアン・ペッツウォルト監督である。...

記事全文を読む