紅白でも大盛り上がり! 国民的バンド、サザンの「勝手にシンドバッド」は何が凄いのか

エンタメ2019年1月10日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 昨年大晦日に放送された「第69回 NHK紅白歌合戦」。平成最後の紅白の締めくくりとして登場したのは、昨年でデビュー40周年を迎えた国民的ロックバンド、サザンオールスターズだった。1990年発表の「希望の轍」とデビュー曲「勝手にシンドバッド」の2曲を披露し、会場を大いに盛り上げた。

 40年間一線で活躍し続けるサザン。デビュー曲の「勝手にシンドバッド」をリアルタイムで聴いた世代にとっては、この曲が「日本のロックを変えた」という評も、決して過大な表現ではないだろう。...

記事全文を読む