急転直下の再逮捕 特捜部は「ゴーン」を特別背任で有罪にできるか

企業・業界週刊新潮 2019年1月3・10日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 トータル80億円に上る役員報酬の過少申告に問われ、塀の中へと追いやられたカルロス・ゴーン(64)だが、3回目の逮捕は特別背任容疑である。

 司法記者が、その舞台裏を次のように語る。...

記事全文を読む