昔話ばっかりの「朝生」、老いとは何か(古市憲寿)

社会週刊新潮 2018年12月27日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 乃木坂46の高山一実さんが書いた小説『トラペジウム』を読んだ。アイドルを目指す地方の高校生を描いた物語なのだが、とても印象深い台詞があった。...

記事全文を読む