中国で拘束されたカナダ人の正体 「金正恩」「金正日の料理人」と昵懇

国際週刊新潮 2017年4月13日号/2018年12月15日再掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 中国外務省は12月13日、カナダ人男性2名を拘束したことを会見で認めた。いずれも「国家の安全保障に危害を及ぼす活動に従事した」という容疑である。

 その1人が、マイケル・スパバ氏なる人物。時事通信では〈北朝鮮と交流事業を行う非営利団体を運営〉〈デニス・ロッドマン氏の訪朝も担当し、金正恩朝鮮労働党委員長とは「友達」だとされる〉(12月13日配信)と紹介されるが、その“素顔”は……。

 昨年、週刊新潮はスパバ氏について、北朝鮮へのツアーを専門に扱う旅行会社「白頭(ペクトゥ)文化交流社」の企画に同行・案内する“謎のカナダ人”と報じ、その肉声を伝えている。...

記事全文を読む