GPファイナル優勝「紀平梨花」はどこがすごいのか 浅田真央との違いは?

スポーツ2018年12月10日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 日本の女子フィギュアに新星が現れた。12月9日(日本時間)カナダ・バンクーバーで行われたグランプリファイナルの女子フリースケーティングで、16歳の紀平梨花(関西大学KFSC)が合計233・12点で初出場初優勝の快挙を成し遂げた。それも、昨年のグランプリファイナルで優勝し、今年の平昌オリンピック金メダルのザギトワ(16)を制しての栄冠である。

 紀平はどこが優れているのか、浅田真央(28)とは何が違うのか、元国際審判員でフィギュア解説者の杉田秀男氏に聞いた。...

記事全文を読む