「みんなの笑顔」求め続ける米トッププロの「サンクスギビング」

国際Foresight 2018年11月27日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 
 米ツアー選手のトニー・フィナウを、みなさんはご存じだろうか。今年4月の「マスターズ」のパー3コンテストでホールインワンを達成したとき、喜び勇んで後ろ向きのまま走って転び、足首を思い切り捻って屈み込んだシーンを覚えている方は多いかもしれない。

 身長190センチ、体重90キロの立派な体格を誇るフィナウは、2015年に米PGAツアーにデビューし、2016年の「プエルトリコ・オープン」で初優勝。以後、優勝こそないものの、2018年はメジャー4大会のうちの3つでトップ10入りするなど着実に成績を向上させ、すでに世界ランキング15位前後に位置するトッププレーヤーになっている。...

記事全文を読む