“最恐”の金融庁前長官、コンサル会社を異例の起業

社会週刊新潮 2018年11月22日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 その苛烈な指導から銀行界のみならず、部下からも“歴代トップのなかで最強、最恐”と畏怖された金融庁の森信親前長官(61)。今年7月17日に霞が関を去り、米コロンビア大学の非常勤教授と上席研究員に就任したと報じられていた。てっきり海外に移住したかと思えば、実は国内で密かに会社を興していたのである。...

記事全文を読む