「記憶」は未来をつくる「原動力」:建築家・田根剛インタビュー(上)

国際Foresight 2018年11月23日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 田根剛氏はフランス・パリを拠点に活動する建築家だ。2006年、「エストニア国立博物館」の設計者を選ぶ国際設計競技(コンペ)に仲間2名との共同案で勝利。ロンドンの設計事務所に勤める無名の青年は、その斬新な案とともに、一躍世界に知られる存在になった。当時26歳。鮮烈なデビューだった。

「エストニア国立博物館」が2016年に完成したことを機に、パリで共同主宰していた設計事務所Dorell.Ghotmeh.Tane / Architects(ドレル・ゴットメ・田根/アーキテクツ=DGT.)を解散。...

記事全文を読む