新人王を獲得した大谷翔平を「二刀流」に導いた栗山監督の最高の「殺し文句」

野球2018年11月14日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手がアメリカン・リーグの最優秀新人賞に選出された。今季からメジャーリーグに移籍した大谷は、投手として10試合に登板し4勝2敗、打者としては打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁と1年目から大活躍、メジャーリーグでもベーブ・ルース以来の「二刀流」として一躍話題の選手となった。

 受賞を聞いた大谷は電話会見を行い「(メジャーリーグに)来て良かったなとずっと感じています。この賞をもらえたのはすごく光栄なことだと思います」と喜びを明かした。...

記事全文を読む