【特別対談】白戸圭一×篠田英朗:「アフリカ」から見える「日本」「世界」のいま(4)

国際Foresight 2018年11月14日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

白戸圭一:篠田さんが、アフリカに対する投資や援助の関わり方について「選択と集中」の事例として、シエラレオネの学生の話をしてくださいました。

 確かに、日本の対アフリカ外交というと、TICAD(アフリカ開発会議)にばかり焦点が当たりますが、それとは別に、特に安倍政権になってからむしろ積極的に進めているアフリカ外交の好例は、「ABEイニシアティブ」に代表される、留学生招致です。これは大体3年間で1000人ほど、日本側が金を出して、日本の大学に学生を招く。日本企業でも研修する。...

記事全文を読む