【特別対談】「アフリカ」を通して見える「日本」と「世界」:白戸圭一vs.篠田英朗(1)

国際Foresight 2018年11月12日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

白戸圭一:アフリカをテーマにこうした対談をやる時、直面する問題があります。それは、世界の他の地域と比べると、アフリカに対する日本人の関心がものすごく低いということです。

 単に関心が低いだけではなく、経済的な結びつきも非常に弱い。世界全体のGDP(国内総生産)に貢献しているアフリカのGDPの割合も、せいぜい2~3%ですし、日本との貿易も本当に微々たるものです。

篠田英朗:その通りですね。

白戸:このように日本との結びつきも弱く、日本人の関心も低いということで、アフリカの個別の国の政治情勢に対する関心など持っている日本人は極めて少ない。...

記事全文を読む