「米中貿易戦争」長期化を覚悟する習近平の「戦略」

国際Foresight 2018年10月16日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「『覇権』という言葉は使わないでもらえないか」――。

 9月、講演のために招聘された著名な中国政府系シンクタンク側から、筆者は事前にそう念押しされた。筆者が講演のテーマとして提示していたのは、中国語では『全球話語権競争』である。直訳すれば「グローバルな発言権をめぐる競争」となろうか。

 実質的テーマは、「米中貿易戦争の本質は、構造的な覇権争い」ということだ。

 この講演時の中国側研究者との意見交換は、貿易戦争を仕掛けた米国に対する中国側の対応についてが主軸となり、政府幹部への聞き取りは、習近平政権の対応の是非が主体となった。...

記事全文を読む