「鉄の女」はファザコンだった!? 英国初の女性首相サッチャーを鍛えたスパルタ父親

国際2018年10月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 93年前の今日、1925年10月13日に、イギリス初の女性首相となるマーガレット・サッチャーは生まれた。1979年に首相に就任すると、1990年まで11年間もの長期政権を築いた立志伝中の人物だ。

 その強硬な政治姿勢で、ソ連国防省の機関紙から、「鉄の女」という異名を付けられた彼女は、じつは厳格な父親にスパルタ教育を施された優等生で、強いファーザー・コンプレックスの持ち主だった。

 冨田浩司さんの新刊『マーガレット・サッチャー:政治を変えた「鉄の女」』(新潮選書)には、サッチャーの生い立ちからから名門オックスフォード大学への進学、そして政治家となり権力の頂点に昇り詰める過程が詳しく描かれている。...

記事全文を読む