引っ張りダコ「Koki,」の本当の評価は… 次々就任“アンバサダー”の意味

エンタメ 芸能 週刊新潮 2018年10月11日号掲載

  • ブックマーク

 ここまで注目度が高いのは、親のブランド力というほかあるまい。木村拓哉(45)と工藤静香(48)の次女で、モデルのKoki,(15)。デビュー早々に、ブルガリが広告塔に起用したかと思えば、今度はあのシャネルである。次から次へと、高級ブランドから引っ張りダコだが、実際のところは、どうなのか。ファッション界の評価を聞いてみると……。

 高級ファッションブランド・シャネルが、「ビューティアンバサダー」にKoki,を起用したと発表したのは、9月27日のこと。

 芸能記者によれば、

「彼女は、今年5月にファッション雑誌の表紙モデルとしてデビューしました。それ自体が異例中の異例ですが、8月には、高級ブランド・ブルガリのアンバサダーに就任したのです」

 それからわずか1カ月。女性の誰もが憧れるシャネルが、彼女を広告塔に起用したのだ。

 博報堂OBでネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、

「広告業界では、同じタレントが同時期に競合他社に出ることはタブーです。CMの場合ですと、前例は聞いたことがないですね。昔、携帯電話のCMに出ていた織田裕二が契約終了直後にライバル会社に乗り換えたことがあり、批判にさらされました。契約が切れた後でも、1年以上は開けるのが暗黙のルールになっているぐらいです」

 今回はCM起用とは異なるが、宣伝役という意味では似たり寄ったり。

 つまり、彼女はなかなかのウルトラCを早くもやってのけたということになる。

次ページ:雨後の筍

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]