「パワハラ大使」召還で傷がつく「司葉子」華麗なる一族

芸能週刊新潮 2018年9月27日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 山崎豊子著の『華麗なる一族』は、財閥を巡る様々な人間模様を描いた傑作。政治家から芸能界まで……、華麗という意味では大女優・司葉子(84)の一家も錚々たる面々である。ところが、そんな一族の名に傷をつけかねない事態が発生。親戚にあたるパワハラで悪評の駐チュニジア大使が、早々に帰国を命じられていた。...

記事全文を読む