宮川選手を引き抜く気はなかった――「塚原千恵子」が告白する“体操パワハラ問題”全真相

スポーツ週刊新潮 2018年9月13日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

女帝「塚原千恵子」が懺悔の「全真相告白」5時間(2/2)

 暴力問題を露見させ、宮川紗江選手(18)を速見佑斗コーチ(34)から引き離し、自分のクラブに引き抜こうとした――パワハラ騒動をめぐっては、日本体操協会の塚原千恵子女子体操強化本部長(71)は、体操界を支配する“女帝”としてワイドショーなどで報じられる。だが、彼女の5時間に亘る告白から見えてくる“真実”はこれとは異なる。前回、塚原氏は、速見コーチは宮川選手が所属するクラブとの間でトラブルを起こし、それが原因で2020東京五輪特別強化選手特別強化対策の合宿に参加できなかった、と説明した。...

記事全文を読む