「あいのり」でっぱりんが昼キャバで働いていた あのお相手とは「別れた」

芸能週刊新潮 2018年9月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 夜でもないのに、ホステスたちの嬌声が響き渡り、客はしたたかに酔っている。ここは新宿、歌舞伎町。眠らない街の“昼キャバ”で、ひときわ楽しそうにカラオケの合いの手を入れるホステスがいた。馴染みだろうか、客は彼女を「でっぱ」と呼んでいて……。

 ***...

記事全文を読む