投資ファンドからも三行半「大塚家具」久美子社長 “イケア路線”の失敗

企業・業界週刊新潮 2018年9月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 本家本元の「竹取物語」では、かぐや姫が5人の貴公子に無理難題を突き付けて、求婚を諦めさせる。翻って、大塚家具のかぐや姫こと大塚久美子社長(50)は、投資ファンドからも三行半を突き付けられ、無理難題が山積みの経営状態。もはや、運のツキ。帰るべき月が、内部留保とともにみるみる欠けていく。...

記事全文を読む