死角なし「吉田輝星」は疲れも跳ね返せるか(石田純一)

エンタメ2018年9月1日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

石田純一の「これだけ言わせて!」 第1回

 息子の理汰郎は野球に夢中で、この夏も甲子園の球児たちに盛んに声援を送った。ご多分に漏れず、贔屓のチームは金足農業。準々決勝、2ランスクイズで近江に勝ったときなど大よろこびだった。でも僕は、金足農業には早く負けてほしかった。いや、「もう十分だ!」「負けてくれ!」と不思議な応援をしていたと言うべきか。吉田輝星投手の肩を思うと、早く負けて休んでほしかったのだ。...

記事全文を読む