「天皇崇拝」教育強制でもパラオ人が日本統治を懐かしむ理由

国際2018年8月29日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

同化政策も反発を買わなかった

 パラオの人たちがなぜ今でも親日なのか。その理由は、「『大日本帝国時代は本当にいい時代だった』 パラオの人はなぜ今も親日なのか」など、これまで2回にわたってみてきたが、大日本帝国時代の統治方法がすべて正しかったわけではない。現代の目で見れば、かなり問題があったとも言えるのはたしかだ。

 たとえば日本はミクロネシアを統治するようになると、現地の子どもたちのために学校を作り、移住してきた日本人と平等な教育の機会を与えた。ここまでは何の問題もない。

 しかも教育の第一の目的は「現地住民の幸福、健康、および衛生の増進」。...

記事全文を読む