秘境「インターナショナルスクール」を徹底解剖 教育の理想郷なのか、それとも…

社会週刊新潮 2018年7月19日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「インターナショナルスクール」という秘境――おおたとしまさ(1/2)

 元来は海外赴任者の子供が通うインターナショナルスクールが、日本人の保護者にも大いに注目されている。国際感覚が育つ、バイリンガルに育てられる、と。教育の理想郷なのか、それとも――。良くも悪くも日本の学校とは異質のこの「秘境」を徹底解剖する。

 ***...

記事全文を読む