奨学金返済、留学、起業――パパ活女子、それぞれの事情 “ストーカー化”などトラブルも

社会週刊新潮 2018年8月9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

親は知らない「パパ活」女子の売り手市場(2/2)

 新潟県の米山隆一前知事(50)の辞職は、複数の女性に現金を渡して関係をもった「パパ活」がきっかけだった。現在、セミナーが開催されるまでにお盛んとなったこの活動、命名主であるデートクラブ「ユニバース倶楽部」によれば、その規模は“男性会員数2408名、女性7591名”(7月28日時点)。女性の大半は20代前半の学生かOLで、多くが奨学金返済のための登録であるという。

 ***...

記事全文を読む