道ならぬ恋、妊娠… 「有馬稲子」が怨みを綴った有名監督の名

芸能週刊新潮 2018年8月9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 女は恨みを忘れないと言うが……。女優の有馬稲子(86)が、不遇な幼少時代から、銀幕のヒロイン、そして今日までを赤裸々に告白する自伝を上梓。そこには、実名こそ伏せられているが、道ならぬ恋に落ち、妊娠までさせられたあの巨匠への恨み辛みも綴られていた。

 ***...

記事全文を読む