「あざとい」吉岡里帆が学ぶべき「闇が深い」女子アナの処世術

エンタメ2018年8月8日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「闇が深い」はいつから褒め言葉になったのか。というか、あざとさの免罪符となったのか。TBSアナウンサー・宇垣美里と元TBSアナウンサーの田中みな実を見て、ふと思う。小動物のように愛らしい容姿に、愛嬌たっぷりのしぐさ。男性タレントに対するこなれたあしらい方。言わば男性ウケの良さを最大限の売りにする、ザ・王道の女子アナたち。当然女性たちは、「あざとい」「ぶりっこ」とそっぽを向いた。しかし当の本人たちがすごいのは、「闇深さ」という一見女子アナらしからぬ武器を携え、女性ウケという難攻不落の城にも殴り込みをかけ始めたことである。...

記事全文を読む