豪雨災害のなか、野党はまた「内閣不信任案」 国会での不毛な議論を終わらせるためにどうすればいいか? 石破茂はこう提言する

政治2018年7月25日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

支持者とアンチの不毛な対立

「安倍総理しかいない」という支持者も、「あれもこれも悪いことはすべて安倍のせいだ」というアンチも、意見が一致している点がある。それは現在の国会で不毛な議論が多すぎる、ということだ。

 ただし、その理由については当然ながら双方の意見は正反対となる。

「野党が無能で、揚げ足取りしかできないからだ」

「政権運営が傲慢だ。豪雨災害すら採決に利用している」

 この言い合いが始まると、結局また不毛な議論が……というのが現状だろう。20日、野党は内閣不信任案を提出したが、こうなってくるとどちらが豪雨災害を政治利用しているのかはよくわからないようにも見える。...

記事全文を読む