「三田佳子」語る 復帰舞台に「九十歳。何がめでたい」を選んだワケ

芸能週刊新潮 2018年7月12日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 128万部を超えるベストセラー、佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』が、東京・明治座で舞台化される(11月30日、12月1日、以降は地方公演)。佐藤さん役を演じるのは、今年、芸能生活58年の三田佳子、76歳。井上順、石野真子らが共演、石井ふく子さんが演出する朗読劇だ。...

記事全文を読む