アメリカ農業は本当に強いのか? 蔓延する薬物依存・退役軍人よりも高い自殺率……

国際2018年6月27日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 近年、種子・農薬業界の企業で再編が急激に進んでいる。

 種子・農薬業界では1990年代にM&A(合併・買収)の動きが顕著だったが、近年には巨大企業の合併や買収が相次いでいる。2017年6月には中国の国営企業、中国化工集団がスイスのシンジェンタを買収。同年9月にはダウ・ケミカルとデュポンが合併してダウデュポンが誕生した。2016年9月にはバイエルがモンサント買収を発表し、2018年6月に完了した。種子・農薬部門の売上高は250億ドル近くになり、ダウデュポンを抜いて世界最大となった。...

記事全文を読む