ソニーを「発明対価300億円」で訴えた元技術者 フェリカ開発、小さな勝利

企業・業界週刊新潮 2018年6月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 駅の改札でカードをかざし“ピッ!”と音が鳴れば、もう支払いが済んでいる。「Suica」(JR東日本)や「PASMO」(関東の大手私鉄など)といったお馴染みの交通系カードは、ご存知のようにコンビニの支払いにも使える。他にも、流通系のカード「nanaco」やスマホの「おサイフケータイ」など、小銭を出さずに“ピッ!”と買い物をするのは、今や当たり前の風景といっていい。これら非接触型のカード(あるいはスマホ)はすべて、ソニーが開発した「フェリカ(FeliCa)」という技術を使ったものだ。...

記事全文を読む