小泉進次郎が“父子対決”避けた県知事選 党内野党の魂胆

政治週刊新潮 2018年6月21日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 白い手袋に派手な襷(たすき)。候補者名を連呼するウグイス嬢の美声……。選挙の風物詩を挙げればキリがないが、この人だってそうだろう。

 自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎氏(37)である。しかし、10日に投開票が行われた新潟県知事選では、ついぞ進次郎氏がマイクを握ることはなかった。...

記事全文を読む